若いのに何故肌がくすんでしまうのか、くすみの原因と再び透明感のある肌を取り戻す方法

肌のくすみは気になる問題です。
まだ若いのに何故か肌がくすんで見えるなんて事はありませんか。
くすみの原因を知る事によって再び透明感のある肌を取り戻せるのです。

肌のくすみって何

肌がくすんでいると言うのは大雑把に言うと、肌が暗く見える事です。
肌から透明感やみずみずしさが無くなり、どことなく暗い肌の色に見えます。
この状態を肌がくすんでいると言います。

肌がくすむ原因

肌がくすんでしまう主な原因は、血行不良です。
新陳代謝が衰え、血行が悪くなると顔色が悪くなります。
血色の良い肌とは反対の状態になります。

目のクマは、わかりやすいくすみ

肌のくすみでわかりやすい部分が、目のクマです。
目の下が黒くなって見えるのが、肌のくすみの状態です。
寝不足や疲れによって血行が悪くなり、肌がくすんでしまうのです。
目の下の皮膚は薄くて見えやすいので、特にくすみが目立つのです。

ターンオーバーの乱れもくすみの原因

肌が生まれ変わるターンオーバーが正常に働かない時も肌がくすんでしまいます。
古い角質がいつまでも皮膚にくっついているのです。
古い角質は劣化し、肌に溜まっていく事によって肌から透明感が消えます。
また古い角質が溜まる事によって凹凸も出来て、それが影を作り肌色を悪く見せるのです。

くすみを改善するには

くすみの主な原因は血行の悪さです。
ですからくすみを改善するには新陳代謝を活発にし、血行を良くする事です。
新陳代謝が活発になれば、ターンオーバーが正常に機能します。
古い角質も取れて透明感のある肌を取り戻せるのです。
血色も良くなる事で肌に明るさも戻ります。